食生活の乱れが脂肪肝の原因|脂肪の分解を助ける食品

効果のある商品

肥満なお腹

漢方を使用したサプリメントを飲むと、更年期障害の改善ができます。漢方のサプリメントは薬独特の味がしないので、苦手な方でも気軽に摂取することが可能になります。また、商品も多くあるので自分の症状に合わせて探すことができます。

More...

アルコールがもたらす疾患

ウエスト

過剰摂取を控えましょう

アルコールは、嫌な気分を忘れさせてくれる、楽しい気持ちにさせてくれる、といった様々なメリットをもたらしてくれますが、その反面、疾患の原因となってしまうことがあります。アルコールの飲みすぎによる主な疾患の代表例が、脂肪肝です。脂肪肝は、肝臓に脂肪が溜まることで起こる疾患です。肝臓には、通常細胞の10パーセント程度に中性脂肪と呼ばれるものが蓄積されていますが、それが30パーセント以上になった状態が、脂肪肝です。アルコールの過剰摂取により、脂肪酸と呼ばれる、脂質を分解して出来た成分から、中性脂肪が大量に作られ、肝臓の細胞に蓄積されます。それらは血液にも影響を及ぼし、血液がどろどろになり、肝硬変や肝臓がんの原因となってしまう場合もあるため、アルコールの摂取には十分な注意が必要です。

適切な対策法とは

脂肪肝の特徴は、自覚症状が無いという点です。肝臓は、「沈黙の臓器」とも言われるように、痛みや違和感の症状を見せることがありません。そのため、気づかないうちに、脂肪肝が悪化して、様々な違った疾患をもたらしてしまうこともあります。そのため、アルコールをよく飲む人は、定期的に健康診断を受けるよう心がけ、脂肪肝の疑いが出た場合は、早めに治療を受けるということがとても大切になってきます。また、日ごろから出来る脂肪肝の予防法として、緑茶を飲むという方法があります。緑茶にはカテキンと呼ばれる成分が含まれており、カテキンが肝臓に作用し、脂肪の分解を助けてくれる働きをしてくれると言われています。また、肥満防止にもなるため、アルコールをよく飲む人は、同じ緑茶もよく飲むようにするのが効果的です。また他にも、脂肪肝の予防のためにコーヒーが効果的と言われています。コーヒーであれば朝などに取り入れやすいので、砂糖などを加えずブラックで飲んで脂肪肝予防をしてもいいかもしれません。

肝臓病予防は今すぐに

サプリメント

日本には予想以上に脂肪肝になっている人が多いため、お酒の飲み過ぎや食べ過ぎ・運動不足には十分注意することが必要です。生活習慣を改善するとともに、茶カテキンのサプリなどを利用すると脂肪肝の予防や改善に効果があります。

More...

肝臓に脂肪がたまる疾患

お腹

脂肪肝は、自覚症状が無く発見されにくい疾患ですが、近年その患者数は増加の傾向にあると言われています。脂肪肝は、肝硬変や肝臓がんといった疾患の原因となってしまう可能性もあるため、生活習慣を改善し、食べ物の順番に気をつけるなどの工夫をして予防を行っておくことが大切です。

More...